11月2日くらいだったかな…私の目標講座だった「セールスライター認定コース」のDMが届きました。
まだ入門コースも終わっていないのに、もう認定コース!?ちょっと早いかな?とも思いましたが、いま申し込まなかったら、次の案内が来るまでの間ヤキモキしそうだなと思ったので、「えいやっ!」とFAXで申込書を送りました。

お値段は高いですよ。
税抜きで、19万9,800円です。振込金額は税込みなので、21万円を超えました。

このブログの、10月31日に更新した記事「12週間セールスライティング通信講座:5週目を終えました」の中で、ダイレクト出版からのメルマガをチェックしていなかった間に申し込み期限が過ぎていた、「セールスライター認定 3日間速習コース」に申し込めなかった~しまったぁ!という内容を書いたのですが、正にその数日後にDMが届いたというわけです。

しかも、封筒がモコッと膨らんでいる…。

何が入っているんだろう?と思わせて封を開けさせるテクニックですね。そして、「ご覧のように、この手紙には「電車」を同封しました」という文章で始まるレターが付いているという…。

講座の音声だったか、ウェビナーだったかで、この玩具を同封するやり方の説明があったのを覚えていたので、「ついに私のところにも来たか!」と思い、ちょっぴり笑えました。

中身はこんな感じです。↓

コースの特徴とは?

これはもう、セールスライターという職業を目指す人に最適な講座です。
プロとして活動できるレベルのライティングスキルが身につくそうです。
勿論、自分の会社で活かしたいから、という社員さんや社長さんも参加しているでしょうけど。ダイレクト出版の社内で使っている「セールスレター作成マニュアル」を公開してくれるというのがスゴイですね。

他の講座と何が一番違うかと言うと。
やはり、講座修了後の試験に合格したら、ダイレクト出版からの「認定」が貰えるということでしょう。
(試験は任意なので、認定は取らなくてもいいみたいです)

セールスライティングの重要性を一番良く知っていて、それを活用して会社を大きくしてきたダイレクト出版。そこからセールスライティングの技量を認めて貰ったライターである、というのは、大きな強みになりますよね。

セールスライターとして独立・起業を考えているなら、このコースは通るべき道ではないでしょうか。
但し、試験に合格して認定ライターになっても、仕事を取るのは自分です。ダイレクト出版がどんどん仕事を流してくれるわけじゃありません。そこのところをよく考えて、それでも認定が欲しいと思ったら、迷わず申し込むべきだと思います。

でもライターって、一人で仕事するわけだから、孤独ですよねぇ。
ミスを指摘してくれる上司もいないし、なにかと不安になりそう。
ライター同士の横の繋がりがあるといいなぁと思います。って、もう「なる気、満々」な文章になってますね…あはは。

試験に落ちまくって挫折したら恥ずかしいので、私が認定コースに申し込んだ話はどうか忘れてください。(笑)

6ヶ月間のオンライン講座です

3日間の速習コースとは別物で、オンライン講座は6ヶ月かけて学んでいきます。
毎月課題があり、6ヶ月目を修了すると、試験の案内が届くそうです。

今から6ヶ月…子どもの冬休みと春休みが入りますね…。ちゃんと出来るかな。

というより、AWAIの入門コースがまだ終わっていないんですが。やっと6週目まで学んだところで、まだまだ先は長いですが。そんな状態で「認定コース」に進んでもいいんでしょうか!?

でも、試験が無料で受けられるのは、申し込み日から1年間だけ。しかも2回まで。
それを越えたら、試験料1回3万円します。
そう、もう一度言いますよ。申し込み日から1年間です!

申し込み日から1年間ですよー!

中級向きなので入門編を学んでからだって

で、早速、アカデミーの会員ページから1ヶ月目の講座を覗いてみたら…
一番最初に初期受講生のQ&Aが掲載されていて、私と同じ疑問を抱いて質問している方がいました。

「AWAIセールスライティング通信講座の入門編を受けていてまだ途中なのですが、認定コースを先に始めてもいいですか?」
それに対しての答えは、
「認定コースは中級向きなので、入門編を終えてから受講した方がやり易いと思います」ということでした。

マーケティングや、セールスレターとは何かを分かっている人が対象なので、専門用語や、セールスレターを書く一通りの流れを知っておいた方が理解し易いということなんでしょう。

なので、私も12週間~の入門編を先ずは終わらせられるよう努力したいと思います。
(AWAIの方は認定コースと並行してやるしかないな…)
認定コースは、しばしおあずけ…。

無料特典はこちら

  1. セールスライティング実践ガイドブック(非売品)
  2. 厳選スワイプファイル7通(解説ビデオ付き)
  3. クライアントと契約するときの契約書サンプル
  4. ベネフィット・ライティング(オンライン動画)
  5. 人間の根源的な欲求リスト
  6. ブレット・テンプレート21
  7. 6つのエモーショナル・トリガー(非売品)
  8. 質問は無制限にOK!

私がなぜこんなにもセールスライティング講座に投資するのか

もう既に、3つの講座に申し込んだことになります。

  • 「AWAIセールスライティング通信講座:入門編」
  • 「テンプレート習得コース」
  • 「セールスライター認定コース」

全部で44万円くらいでしょうか。

私は、66万円を限度と考えて、自分に投資することにしました。
なぜ66万円かと言うと、プロのWEBデザイナーになるための講座が、66万円するからです。
独学で得た知識でホームページ作成のお仕事をしていますが(ほぼ紹介で)、デザインも知識量もプロにはとても敵いません。だからといって今から本格的に学び、プロのWEBデザイナーになろうと思うと、66万円の講座料がかかります。
しかし、ダイレクト出版のセールスレターでもよく見かける文章のとおり、WEBデザイナーという職業の方はいっぱいいて、飽和状態だと思うんです。ダイレクト出版が言っているからではなくて、本当にそう思います。

なので、その66万円分を使って、WEBデザイナーではなく、セールスライターを目指そうじゃないか!と奮起したわけです。

もし、私が挫折して、セールスライターの道を諦めたら。もし、全然仕事が得られなくて、投資した金額を回収できなかったら。そのときは、パートで働きに出て、地道にお給料を得て取り戻して行こう、そういう覚悟でいます。

自分がこの先セールスライターになれるかどうかは、今の時点ではわかりません。
でも失敗や挫折を恐れて何もしないのでは、この先ずっと何も変わらないんですよね。
だから私は、自分に投資しているんです。

影ながら応援していただけると有り難いです。


セミナーなどの集客率UP↑ 物販やインターネットビジネスでの制約率・売上UP↑ 実店舗への集客・リターン率UP↑ に成果を発揮するセールスライターという職業を目指すべく、セールスライティングとマーケティングを勉強中。悩みを抱える経営者さんの力になれるよう、日々努力しています。(書いている人:杉本)


何かお聞きになりたいことがありましたら、杉本までお気軽にメールしてください。数日中にお返事いたします。
返信不要の叱咤激励も歓迎です。

【 メールフォームはこちら 】