講座の二週目が終了しました。私はスマホにダウンロードして、子どもが二階のオモチャ部屋で遊んでいるときに、一階のダイニングで聴いています。あとは、寝る前のベッドで。

二週目にもQ&Aの音声が入っていたのですが、それが結構有益な情報でした。
なぜそう思ったのかと言うと。受講生からの質問が、「最初の仕事はどうやって獲得するのか」「値段はどうやって決めるのか」など、最初の一歩を踏み出すときにどうしたらいいのか、といった質問がちらほらあったからです。
個人でセールスライターとしてやっていこうと考えているなら、みんな知りたいですよね。私も知りたかったので、回答が聴けて良かったです。

二週目の内容

  1. 人間の購買行動の仕組み
  2. ウォンツとニーズの違い
  3. 2つのウォンツ
  4. 絶対に売れる最強の組み合わせ
  5. セールスレターの重要な要素:信頼性
  6. 信頼性を構築する公式
  7. 3つのWHY
  8. ベネフィットの基礎
  9. 制約率を上げる”先入観”に関する考え方
  10. 反応を10倍にする力があるセールスコピーの要素
  11. オススメ本・参考コンテンツについて

以上が音声講座。他に、ビデオ解説と、約1時間のQ&A音声、オススメ本一覧(3冊)、習熟度テスト(簡単な3問)がありました。

宿題の内容が本格的!

二週目には、重要な宿題、という項目があり、宿題の内容が音声で発表されます。

  • 商品を1つ選ぶこと
  • その商品を買うことで、どんな欲求を満たせるか。50個書き出すこと。
  • その商品を買うと、どんな結果が得られるのか。20個書き出すこと。

まだ着手していませんが、私は「売る商品」を持っていないので、「セールスライターの仕事」が私の商品になります。
商品を思いつかない人は「おすすめの本」を商品として売ることを考えたら良いようです。
訂正(2017.9.6):セールスライターになったときに参入する予定の(又は、参入したい)分野の本 を商品にすると良いそうです。まだ何をやろうか決まっていない人は、セールスライターの本とか持っている本でいいそうです。すごい勘違いをしていました。なので、訂正した次第です。恥ずかしいわ~。

学校の宿題のように正解がある問題ではないので、思いつく限りを書き出すのみ。頑張るぞー。

返報性の法則

12週間セールスライティング通信講座:1週目を終えました」の記事で、贈り物を受け取ると、お返しに何かしなくちゃと思う、人間の行動心理ってなんて言うんだっけ?と書きましたが、あれの答えは、「返報性の法則」というものでした。

丁度、二週目の学習内容が「行動心理」だったので、音声講座の中でその法則についての解説がありました。
もやもやが晴れました。

無料本を買ってしまった

あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法」エベン・ペーガン著

新刊本プレゼントというタイトルのメールマガジンが届き、そのときは正直そんなに欲しいとは思わなかったのですが、まぁ無料だし(送料・発送手数料として550円は必要)、「この本を買ったら、どんな戦略でどんなバックエンドを売り込んでくるんだろう?」という、へんな興味があったので。買ってしまいました~。

ズバリ、バックエンドは、「ウェイク・アップ・プロダクティブ」という高額商品です。
大幅値引きがあっても19万8000円くらいだったと思います。興味がないのでスルーですが。これって新商品?

この高額商品のDMが欲しいなぁ~。
ダイレクト出版からのDMこそが参考になるセールスレターだと思うので。たくさん集めたいです。

「リストブランディングコース」の案内もきましたよ

エベン・ペーガンの本を買ったからなのか、メールマガジンとしてなのか、「リストブランディングコース:16期生」の案内がメールで届きました。定価の10万円引き。特典も2つ付きます。

もはや、10万円の値引きくらいじゃ驚かなくなりました。

ブログでフロントエンド集客をして、メールマガジンを使ってバックエンドを売りたい方には、最適なコースかも。
お値段いくらだったっけ…。参加する気がないから忘れてしまいました。
この手法で売上を伸ばしているコンサルタントが本当に増えてきているなぁと、最近ネットをしていて思います。そして、この手法と同じことをセミナーなどで教えているコンサルタントも増えてきているなぁと思う今日この頃です。


セミナーなどの集客率UP↑ 物販やインターネットビジネスでの制約率・売上UP↑ 実店舗への集客・リターン率UP↑ に成果を発揮するセールスライターという職業を目指すべく、セールスライティングとマーケティングを勉強中。悩みを抱える経営者さんの力になれるよう、日々努力しています。(書いている人:杉本)


何かお聞きになりたいことがありましたら、杉本までお気軽にメールしてください。数日中にお返事いたします。
返信不要の叱咤激励も歓迎です。

【 メールフォームはこちら 】